岡山県 地域詳細

津山地域

津山地域
岡山県北部に位置する津山市は、城下町であり、古くから出雲と大和を結ぶ出雲街道の要衝として栄えてきました。春は、津山城跡でもある鶴山公園の桜を目当てに、県内外から多くの観光客が訪れます。また、中世山城や那岐山麓への登山、数多くの渓谷や紅葉など、自然を満喫することができます。

鶴山公園

鏡野町
岡山県内の町では最大の面積で中国山地を背景とした森林や渓谷など観光資源に恵まれ四季折々の自然を満喫できます。主な産業は米・果樹・野菜などを中心とする農業と林業ですが、中心部である南部では商工業、北部では温泉・キャンプ場・スキー場など豊富な自然環境を活かした観光業があります。

奥津温泉

美咲町
岡山県のほぼ中央部に位置する美咲町は、県都岡山市、圏域の中心中心津山とはJR津山線、国道53号などで結ばれています。総面積の約7割を山林が占め、東に吉井川、西に旭川の県下3大河川の2河川が流れ、中央部には日本棚田百選にもえらばれてた棚田など田園風景がいっぱいの自然豊かな町です。

大垪和西の棚田

久米南町
岡山県のほぼ中央部に位置する久米南町は、町の中央を旭川の支流の誕生寺が南流し、東西はなだらかな丘陵地になっています。江戸時代は、津山街道の宿場町、市場町として栄えていました。主な産業は、米作を中心とする農業。日本の棚田百選に選ばれた北庄、上籾地区がある。収穫期9月には、眼下に広がる黄金色に輝く稲穂は見事です。

誕生寺

真庭地域

真庭市
岡山県最大の面積を占める真庭市は、蒜山高原をはじめ、湯原温泉郷、神庭の滝、勝山町並み保存地区など魅力的な観光資源に恵まれています。また、中国・岡山・米子自動車道が交わる便利な交通網をいかし、豊かな森林資源などを活用したバイオマスタウン構想のもと循環型社会の形成、産業化に取り組んでいます。

蒜山高原

新庄村
毛無山を中心とする1000m急の美しい連山に囲まれ、ブナの原生林を擁する源流の里として、歴史と文化の息づく人情豊かなところです。新庄村の出雲街道旧宿場町の両側には、樹齢100年を越える桜の並木があり、これを「がいせん桜」と呼んでいます。また、大仙隠岐国立公園の毛無山を中心とする山々は、貴重な動植物の宝庫です。

新庄宿場町通り

勝英地域

美作市
美作市は、岡山県の北東部に位置し、地域全体に豊かな山々の緑と、清らかな川の流れ、その周辺に広がる田園などが調和して落ち着きのある景観を形成しています。美作三湯の一つとして知られる湯郷温泉があり、京阪神の奥座敷として人気を集めています。また、宮元武蔵の生誕地をはじめ、豊富な観光資源に恵まれています。

武蔵の里

勝央町
勝央町は岡山県の北東部に位置し、町の中心「勝間田」は、出雲街道の宿場町として古くから栄え、美作7宿のひとつとして知られています。また、「金太郎」こと坂田金時の終焉の地として金太郎の元気にあやかり活力のある町づくりをすすめようと「勝央町金時祭」をおこなっており、毎年1万人を超える人が訪れています。

ノースヴィレッジ

奈義町
岡山県の北東部、中国山地の秀峰「那岐山」の南麓に位置する奈義町は、那岐山麓の四季折々の自然に恵まれた町です。主な産業は、農業、畜産、林業です。文化面では、江戸時代後期から伝わる横仙歌舞伎がが保存伝承されているほか、現代美術館やビカリアミュージアムなど整備し、伝統や文化の薫る町でもあります。

奈義現代美術館

西粟倉村
西粟倉村は岡山県の北東端、中国山脈の南斜面に開かれた谷あいの山里です。森林のほとんどはヒノキや杉で、さらに村の北端には若杉天然林が四季の変化を壮観に映し出しています。森林浴、バードウォッチング、星空キャンプ、紅葉狩り、スキー等、四季折々に雄大な自然とのふれあいが楽しめます。

若杉渓谷

岡山地域

岡山市
岡山市は、山並みの美しい北部、広大な田園が展開する南部、市内をゆったり流れる旭川や吉井川、笹が瀬川など豊かな自然環境に恵まれています。「晴れの国」と呼ばれる程一年を通して晴天率が高く、米などの基幹農業をはじめとして、桃、ぶどうなどの果樹栽培や山の芋、備南千両なすなどの特産品があり、農業都市としての顔も持ち合わせています。

後楽園

玉野市
玉野市は岡山県の南端に位置し、瀬戸内海の美しい自然に恵まれた、風光明媚で気候の温暖な、住み続けるには最適なところです。また、岡山市・倉敷市と隣接し、通勤にも適したまちです。日本の渚百選にも選ばれている渋川海岸や瀬戸大橋が一望できる王子丘が、県下最大の都市公園みやま公園など観光スポットが多い。

渋川海水浴場

瀬戸内市
瀬戸内市の東南部は瀬戸内海に接し、中央部には肥沃な千町平野が広がるなど、海あり山ありの自然に恵まれた市です。米や麦、みかん、ぶどう、白菜、キャベツ栽培など農業が盛んな市。また、古くから開けたまちとして、寺社仏閣や仏像などの重要文化財、竹久夢二の生家、備前長船刀剣の里など多彩な歴史・文化資源を保有しています。

牛窓の夕日

吉備中央
吉備中央町は岡山県の中央に位置し、「吉備高原」と呼ばれる丘陵、高原地帯が広がっています。主な産業は農業で、稲作を中心に、ピオーネ、白菜、花木など、県内外にも知られている特産品があります。また、高原の自然環境を生かし、人間尊重、福祉有線を基本理念としている「吉備高原都市」も建設されている。

宇甘渓自然公園

東備地域

備前市
岡山県の南東部に位置する備前市は、穏やかな瀬戸内海と澄んだ吉井川、茅葺民家が残る八塔寺山など大自然に恵まれています。兵庫県の県境のため、関西からの方が多く行き来されています。備前焼、閑谷学校で有名な備前エリア、魚介料理を存分に楽しめる日生エリア、茅葺民家が残る吉永エリアからなる備前市は歴史と文化を感じさせます。

閑谷学校

赤磐市
岡山県の南東部、温暖な瀬戸内海式気候によって豊かな自然と大地の恵みを受け、上質の野菜の栽培が盛んに行われています。また、吉備王国の繁栄を物語る両宮山古墳や素戔鳴尊伝説などの文化遺産にも恵まれ、一方で交通網も発達し、岡山市などの近郊型居住地区として都市的な環境整備も進んでいます。

ドイツの森

和気町
和気町は平安時代に活躍した「和気清麻呂公」生誕の地として有名。江戸時代には池田藩の家老土倉一万石の城下町として栄え、吉井川を往来する高瀬舟の寄港する商業地として永く栄えました。現在は、南北に国道374号、東西に山陽本線が走り、公共交通網の拠点となっています。主な産業は農業で、特産品は、りんご、スモモ、さくらんぼです。

藤公園

倉敷地域

倉敷市
瀬戸内海と高梁川の恵みを受けて、遠い昔から歴史を刻んできた倉敷。美観地区、瀬戸大橋や鷲羽山の夕日など、質の高い観光資源が豊富にあります。また、世界に誇る産業集積地・水島コンビナートなど、自然・歴史・文化・芸術・産業を備えた交流拠点都市として、たゆみない発展を続けています。

倉敷美観地区

総社市
総社市は、岡山県の南西部に位置し、吉備高原の緑や高梁川の豊かな流れ、瀬戸内の温和な気候風土に恵まれています。吉備文化発祥の地として、美しい自然景観と歴史的景観が調和し、古代山城の鬼ノ城や作山古墳など、古代吉備の繁栄を物語る史跡が数多く残っています。山陽・岡山自動車道、岡山空港など恵まれた交通利便性もある。

宝福寺

早島町
岡山県下で最も面積が小さく、最も人口密度の高い早島町は今、町を東西に走る国道2号と瀬戸中央自動車道の早島インターチェンジ、岡山県総合流通センターが立地する交通、流通の拠点として大きな役割を果たすとともに、「高福祉社会のオアシス都市」「風格ある往来ロマンのまち」のまちづくりに取り組んでいます。

コンベックス岡山

井笠地域

笠岡市
笠岡市は、岡山県の西南部に位置し、西は広島県福山市と隣接しています。大小多くの島々からなる笠岡諸島は瀬戸内海国立公園の一角をなしており、山地が海岸に沿って平地が少なかったため干拓地、埋立地に市街地が発達しています。また、神島水道一帯はカブトガニの繁殖地として国の天然記念物に指定されています。

笠岡諸島

井原市
井原市は、岡山県の西南部に位置し、広島県を境にしています。高梁川支流の小田川が市の西部を西から東へ貫流し、その開けた平野部に市街地が形成されています。市街地を除いて、殆どが山々に囲まれた農村部です。温和な気候に恵まれ、年間の平均気温は約13度〜15度となっています。

美星天文台

浅口市
浅口市は、岡山県の西南部に位置し、瀬戸内の温暖少雨な気候と豊かな自然に恵まれ、山陽自動車道や国道2号、JR山陽本線などの基幹的な交通軸が通った便利な街です。全国的に有名な金光教本部のほか、丸山公園、かもがた町家公園、三ツ山をはじめとする瀬戸内海の多島美を楽しめる寄島園地などがあります。

三郎島

里庄町
北に虚空蔵山、南に毛野無羅山、その間をほぼ東西に広がる平野部が里庄町の中心部になっています。平野部を横断するJR山陽本線や国道2号、北に走る山陽自動車道など優れた交通網が整っている一方、穏やかな気候と豊かな自然に恵まれ、町内には四季折々の花が咲き、訪れる人のこころを和ませます。

里庄美しい森キャンプ場

矢掛町
矢掛町は岡山の南西部に位置し、小田川とその支流である美山川流域に開けた、穏やかな丘陵に囲まれた盆地をなしています。町の東西を国道486号、鉄道井原線が走り、山陽自動車道も接続、交通の利便性に優れています。年間の平均気温は14.3度であり、雪はほとんど降らず、温暖な気候と自然環境に恵まれた地域です。

やかげ郷土美術館

高梁地域

高梁市
高梁市は、岡山県の中西部に位置し、県下三大河川の一つ高梁川が中央部を南北に貫流し、その両側に吉備高原が東西に広がっています。この地域は、古来「備中の国」として中核を占め、近世では幕藩体制の下に松山藩を中心として、また近世以降においても政治、経済、教育の中心地として栄え、今日に至っています。

吹屋ふるさと村

新見地域

新見市
新見市は、高梁河の源流域に位置し、「井倉洞」「満奇洞」「鯉が窪湿原」など、四季を通じて自然を満喫できる地域です。また、清流高梁川のアユや岡山を代表する和牛「千屋牛」、大粒ぶどう「ニューピオーネ」、山菜料理などの自然の恵みをいっぱいに受けた四季の味覚も堪能できます。

井倉洞