無料査定サービス

無料査定サービスとは?

現在のお住まいが、一体いくらで売れるのか、査定いたします。 お客様(売主様)よりご相談を頂戴した時点から はじまっております。 下記の2種類の査定方法をご用意しています。

(1)簡易査定(机上査定)
簡易査定とは、周辺の売出事例や成約事例、公示地価などの価格データを用います。 また、土地面積・建物面積・間取り・築年数・構造・立地などの物件データを参考にし、算出する方法です。 従って、眺望や隣地、内装の程度、日当たりなどは考慮されないため、 実査定後に価格の誤差(価格上昇もしくは価格下降)が生じますので、ご了承下さい。

(2)訪問査定(実査定)
訪問査定とは、担当者が実際に現地に赴き、査定価格を算出する方法です。 「価格データ」「物件データ」「現地のデータ」の3つの視点、観点により、 より正確な査定価格を知ることができます。 これにより、売主様は、憶測や希望的観測に 陥ることがなくなります。これが「プロの査定」なのです。 何よりも、担当者に直接その場でいろいろな質問やお悩みのご相談ができますので、 より具体的な売却の流れを知ることができます。
その際、ご売却物件をご購入された時の権利証、建築確認書、登記事項証明書、公図、固定資産税課税明細書など、なるべく具体的な内容が記入されているものをご用意ください。

【査定項目の目安】
・権利上や法令上の問題はないか
・建物の基本性能(雨漏り、日当たりなど)
・近隣売却物件の販売価格と取引価格
・周辺の環境や施設・交通量
・マンションの場合は管理・修繕状況

査定価格とは?

査定価格とは、売り出してからおおよそ3ヶ月以内に売却可能と思われる成約予想価格のことをいいます。 また、「査定価格=販売価格」ではありません。 あくまでも、販売価格は売主様のご希望をお伺いし、それに沿っての打ち合わせ後決定いたします。 ただし、査定価格よりもあまりにもかけ離れた販売価格は、売却活動を長期化させるだけで、 決して良い選択ではありません。 全ての売主様が、少しでも高く有利に売却したいのです。その為には、高く評価していただける購入希望者を 見つけることが最重要となります。
お客様のご都合等を考慮し、なるべくご希望にそった売却プログラムをお作りいたしますので安心してお任せください。

不動産価格の算出手法とは?

不動産の価格はどのように決めるの?と疑問をお持ちの方も多いはず。 不動産の価格を決定するためには、原則として下記の手法を併用します。

最近では、根拠もなく適当に販売価格を提示する不動産業者もいるようです。 弊社では、市場価格の根拠を示した上で、適正な価格でのご提示をさせていただいております。 安心して弊社にお任せください。

(1)原価法
建設事例に基づいての、積算価格により試算します。 つまり、再調達原価を求め、減価修正(物理的減価・機能的滅価)を行う手法です。   【再調達原価】−【減価修正】=【積算価格】

(2)取引事例比較法
取引事例比較法は、地域要因の比較と、個別的要因の比較を行って求められた価格を、比較考慮することによって求める【比準価格】の事です。 取引事例を収集した上で、適切な事例を選択し、そこで、事例の取引価格に対し、 必要に応じて、事情補正及び時点補正を行うことにより算出します。 評価や査定時にもっとも一般的に使われる手法です。

(3)収益還元法
将来生み出すと期待される純収益の総和を求める【収益性】から算出する方法であり、 欧米ではこの手法が通例となっているようですが、日本では、主に賃貸用不動産や一般企業用不動産の取引に有効視されています。 本来、不動産の価格とは、収益性を反映して形成されるものであり、 経済価値の本質を形成するといえることから、この手法が用いられることもあります。

物件価格のご提案
総合的な調査の結果をもとに、通常は3ヶ月以内でご売却できると考えられる価格をご案内いたします。実際のご売却活動時の表示価格としてお出しする「売り出し価格」についてはお客様のご都合等を考慮し、なるべくご希望にそった売却プログラムをお作り致しますので、安心してお任せください。