不動産売却までの流れ

仲介による売却の流れについて

仲介による売却の流れについてご説明します。

仲介による売却のメリットは?

  • 適正価格・市場価格・希望価格でじっくりと、納得のいく価格で売却できる
  • お住まいになりながらの売却ができる

仲介による売却のデメリットは?

  • 社会情勢や景気経済に左右されることがあり、長期間を要することがある
  • 所有不動産に問題がある場合、売却後も瑕疵担保責任を負わなければならない
  • 生活しているところを他人に見られる

媒介契約とは?

ご売却を決意されましたら、不動産業者との間で売却を依頼する契約をしなくてはなりません。 この契約を「媒介契約」といい、最長3ヶ月を超えない範囲で、 売主様と不動産会社との協議の上で定めさせていただきます。

媒介契約の種類について

(1)専属専任媒介契約
特定の不動産業者に仲介を依頼し、他の不動産業者に重ねて依頼することができない契約です。 不動産業者は、依頼主に対して1週間に1回以上、売却活動の状況を報告する義務があります。 また、依頼主は自分で購入希望者を見つけること(契約)はできません。

(2)専任媒介契約
専属専任媒介契約と同じく、他の不動産業者に重ねて依頼することができません。 不動産業者は依頼主に対して2週間に1回以上の売却活動の状況を報告する義務があります。 また、依頼主は自分で購入希望者を見つけることもできます。

(3)一般媒介契約
複数の不動産業者に重ねて依頼することができる契約です。不動産業者に報告義務はありません。 また、依頼主は自分で購入希望者を見つけることもできます。

専属専任・専任媒介と一般媒介

どちらが有利なのか?

積極的に努力することを義務付けられた、専属専任媒介、または専任媒介をお勧めします。 一般媒介を一概に否定することはできませんが、「他社で売れてしまうかもしれない」 という思惑から、いまひとつ不動産業者を積極的(本気)にさせません。 また、 宅地建物取引業法にも、標準媒介契約約款にも、一般媒介については、業者に契約の成立に向けての特別の努力義務をしておりません。それだけに、依頼者が弱い立場にさらされる危険があるのも事実です。 これに対して、専属・専任媒介ですと、依頼者から「任された!」という信頼感や、 「絶対に期待に応えなければ!」という責任感から、積極的に販売活動を行うものなのです。 極端な言い方をすれば、一般媒介物件をさておいてでも、優先して取り扱われるのが、 専属・専任媒介物件といえます。 「1社に委任するより、複数の業者に依頼したほうが早く売れる」といった 短絡的な考え方は、捨てた方が賢明といえます。

買い取り保証サービスとは?

一定期間に売却できなかった場合、あらかじめお約束した価格で弊社が買い取るサービスです。 「万が一売却できなかったらどうしよう!?」という不安が解消されます。

買い取り保証のメリットは?

  • 一定期間に確実に売却ができる
  • 周囲の方に売却を知られずに、短期間(最短3日)で現金化できる
  • 即金買取の場合は、生活しているところを他人に見せずに売却できる
  • 買取の場合、売却後の瑕疵担保責任を負わなくてよい

買い取り保証のデメリットは?

  • 市場価格に比べ、おおむね70%〜80%と低くなる