田舎暮らしへの道

田舎暮らしへの新しい流れ

  • 「LOHAS」って何?

    「LOHAS]とは、 「Lifestyles of Health and Sustainability」の略語で、健康的で持続的なライフスタイルを意味します。例えば、「健康と環境を考え、通勤は自転車で」というのもLOHASな発想です。自分のできる範囲で環境と体にやさしい生活を心がけること。また、素敵で心地よいライフスタイルを維持しながら、楽しんで続けていくことがLOHASの特徴なのです。もちろん、都会に住んでいても、LOHAS的生き方はできますが、田舎暮らしを始めるきっかけとして、LOHASというライフスタイルを心がけてみましょう。

  • 自給自足のすすめ

    田舎暮らしをするにあたって自給自足に憧れる人は多い。自分でつくって自分で使う自給自足。この楽しみは田舎暮らしのなかでも最大の楽しみかもしれない。畑で野菜づくり、田んぼでお米、野山では山菜やキノコの採取、海や川では魚獲り、家ではそれらを使った加工品づくりなどをし、それらを食べる楽しみ。もちろんそれだけではなく、自分で使う道具や家具をつくり、さらに家のリフォームや家をつくることもできます。まずはやさしい野菜つくりから始め、気軽に自給生活を楽しみましょう。

  • エコな暮らし方

    地球温暖化や原油高騰など、環境・エネルギー問題が注目される今、都会の生活に危機感を募らせ、田舎暮らしに目を向ける人も少なくない。環境破壊、大量消費、ゴミ問題、そんな暮らし方に疑問を感じている人も多いでしょう。ちょっとした工夫で実践できるエコライフ。環境にやさしい暮らしは、同時に私たち人間にとってもやさしい暮らしです。エコな暮らしとは、自分たちでエネルギーを自給し、自然のなかの循環する暮らしです。自然を上手に活用して、無理をしないで環境を考え、エコロジカルな生活を営みましょう。

  • オーガニックな生活

    最近はスーパーマーケットやレストランでも、農薬や化学肥料を使わない方法で育てた安全な野菜を取り扱うお店が増えてきました。農薬や科学肥料をたくさん投入したものではなく、できるだけ、オーガニック(有機物)なやり方でつくったものを食べたい。こうした考え方は食だけではなく、暮らし方そのものに広がっています。建材や衣料品などは、からだにも環境にもやさしいものがよい。こうした食、生活、それぞれ有機的なつながりを重視した生活をしてみてはいかがでしょう。

十人十色の田舎暮らし

  • 田舎で子育て

    田舎暮らしを選択する理由として、「自然のなかで子育てしたい」という若い世代が少なくない。最近の都会の子育ての環境の悪化により、豊かな自然のなかでのびやかに子育てをしたいという方が多くなりました。

  • 動物と暮らす

    家族の一員のイヌやネコを広い土地で遊ばせたくて田舎に移り住む人もいます。動物との暮らしは苦労を補って余りある幸せをもたらしてくれます。動物といっしょに暮らすには、広い土地のある田舎で暮らすのが最適です。

  • 長距離通勤

    最近の主流は、新幹線利用です。ちょっと前までは在来線を使って2〜3時間かけての遠距離通勤はあったが、とても少数だった。大阪からだと岡山あたりまでは通勤可能です。ただ、交通費が会社から全額出ないと金銭的な負担が生じます。

  • 夫婦別居

    「田舎暮らし」に対する憧れ度は、女性より男性のほうが強いのが通例。一緒に暮らしてこそ夫婦、という見方が一般的だが、夫婦という枠を残したまま、それぞれの好みに合わせた場所で別居する、という新しい田舎暮らしのスタイルも増えてきています