リフォームのご案内

中古住宅リフォームとは?

  • 中古住宅リフォーム

    生活のスタイルや、人によりそれぞれ異なります。中古住宅は、もともと人が住んでいた住宅ですので、ご自分やご家族に合った住まいではないものです。バリアフリー、エコ住宅、オール電化住宅など、ご自分やご家族のライフスタイルに合わせ、そして築年数の経過で傷んでしまった中古住宅をよみがえらせ、安心で安全な、ご満足のいく住宅を手に入れましょう。

  • リフォーム工事の
    一部を自力で作業

    家のつくりが都会の住宅と変わらない中古住宅も、築年数が30〜40年と古くなると傷みが出やすく、リフォームが必要になります。構造や配管や配線の補修は素人には難しいものの、床・壁・天井の張り替えや塗装工事などは、予算が合わないなら自力でも可能です。自分でできるところは自分で作業して、自力リフォームで大幅なコストダウンを目指しましょう。

古民家再生とは?

  • 古民家というモダン

    築100年の家をもっと快適に暮らしたい。古民家を移築して暮したい。古材を使った家に住みたい。住まいをめぐり「和」を志向する人たちが増えています。懐かしくて新しい家づくり。住み継ぐ力をはぐくむ新しい古民家のかたち。心の癒しもそなえた古民家での田舎暮らしは今、新しい快適空間を与えてくれるモダンスタイルです。

  • リフォーム工事の
    一部を自力で作業

    古民家の特徴は、高温多湿な日本の気候に合わせたつくりなので風通しがよく、冬の寒さが厳しい、トイレが汲み取り式などといった欠点があります。また部屋数も多く、夫婦二人で暮らすには清掃が大変という問題もあります。補修が必要になるのは基礎(土台)、屋根、水周り、電気配線などです。古民家の補修は意外と費用がかかります。快適性アップの補修をどこまでやるかは、ご自分の考え方次第です。

トイレを汲み取り式から水洗トイレに切り替えるには合併浄化槽を設置。費用の半額かそれ以上の補助が出る場合が多い
古民家では容量の小さい旧式配線のままになっているので、新式の配線に取り換える。
古民家の基礎は一般に貧弱。土台の補強は一部分の高さだけを調整する場合、それほど難しい補修工事ではない。
鉄板などの金属屋根は、錆びていると雨漏りの原因になるので、錆びを落として再塗装する必要がある。



  • 注文住宅と建売住宅

    新築の家づくりの方法には、土地を先に購入しておいて注文して住宅を建ててもうらう注文住宅と、業者が建てた土地付の住宅を購入する建売住宅がある。注文住宅は、注文して建てるため、細かい点まで自分の好みどおりになるが、建築こすとはやや割高です。建売住宅は、価格は割安で購入すればすぐに生活が始められるが、個性がない一般向けの住宅仕様になっている場合が多い。建築の依頼先は、地元のの工務店、大手ハウスメーカー、建築事務所など大きく分けて三つあります。

  • 古材を建築に
    取り入れた新築住宅

    古民家のリフォームや、古民家を解体し部材を別の場所に移築する古民家再生は、かなりの手間と費用がかかります。そのため、新築で建てるよりもかえって費用がかかる場合があります。しかし、建物の一部に古民家の古材を取り入れる方法なら、コストはそれほどかかりません。味わいのある柱や梁を利用した古材利用新築住宅や、古い民家のような情緒をもった古民家風新築住宅などの新しい古民家スタイルがおすすめです。